シンプルに生きる

幸せになりたい?だったら原始時代からやり直せ!#11

幸せになりたい?だったら原始時代からやり直せ!第11話です。

 

■前回のあらすじ

リョクとオトリとトラプの3人は、ブショ内のルールを決めました。

①【仲間を信頼し、自分の得意な事に集中・専念する】

②【仲間を批判しない、自分を自慢しない】

③【何でもやってみる、そして改良する】

そして、いよいよ「ブショ」として狩りに向かいます。

 

 

 


いよいよ狩りへ (計画を立てる)


2日後、3人は狩りへの準備を整えて再び集まった。

そして最大の狩猟場であるトーキョーへ向かうのであった。

 

 

3人の気持ちは、不安と期待の入り混じり、程よい緊張で包まれていた。

 

 

3人は狩場へ着くと、獲物となる動物を探しながら、改めてブショ内の3つのルールを確認し合った。

「ブショ内のルールはあるけど、実際にはどうやって狩りをしようか?ルールが大事なのは分かるんだけど、実際の狩りの仕方についてはオイラ達、何も決めてこなかったね・・・。」トラプが言った。

 

 

 

それは、その通りなのである。

3人はブショとして狩りに行く事、ブショ内で守るべきルールについては何度も入念に話し合った。

しかし、実際の狩りについては何の計画も立てていなかったのである。

 

 

「それは僕も、ずっと考えてたんだ。それでね・・・・、コレを持って来たんだよ。」と、リョクが袋から小さな物を取り出した。

 

 

リョクが手にしていたのは、3人の名前の入った小さめの石が3個と、「獲物」と書かれた大きめの石が1個だった。

 

「その石を使って何をするワナか?獲物に向かって投げるワナか。」トラプが言った。

 

「いや、これを使って簡単な作戦を立てようと思うんだ。僕らがどうやって獲物を獲るか、石を動かしながら3人で考えようと思ってね。」
そういうとリョクは、獲物の石を真ん中に置いた。

 

 

 

 

「まず最初に、オトリは足が速くて身が軽いから、この狩場のどこにどんな獲物が居るかを調査してきて欲しいんだ。この段階では調査だけで大丈夫。まだ攻撃とかはしなくても良いよ。できるかい!?」リョクはオトリを見て言った。

 
「分かった。大丈夫だよ!」オトリが答えた。

 

 

 

 

「次に、トラプはこれまでの狩りの経験で獲物の習性をよく知っている。これまで実際に大きな獲物にもダメージを与えてきたのだから、最初の攻撃はトラプの仕掛けを使おうと思う。オトリが調査してきた情報をもとに、トラプは仕掛けを設置する場所を決めてほしい。もし、獲物が仕掛けの方向に向かって来なかったら、オトリには獲物を誘導してほしいんだけど、それは大丈夫かな。」今度はトラプを見てリョクが言った。

 

「それは大丈夫ワナ。この狩場には前にも来た事があるワナから、どこにどんな獲物が居るかさえ分かれば、仕掛けに誘導する方法も僕が設置できるワナよ。」トラプが答えた。

 

 

 

「おぉ!それはスゴイね。一体どうやって誘導するのかな。」オトリが興味津々でトラプに聞いた。

 

「動物には、それぞれが持つ習性と、好みがあるワナよ。例えば好きな木の実や果物とか。それを仕掛けの方向に向けて設置する事で、誘導できるワナ。ただし誘導する木の実や果物で、獲物がお腹いっぱいになってしまうと仕掛けには入らないから、設置する量と間隔が大事ワナ。」トラプは自信満々に答えた。

 

 

 

 
「じゃあ、ココまでは大丈夫そうだね。次に、仕掛けに掛かった獲物に大きなダメージを負わせる必要があるんだけど・・・、これは僕がやるよ。」リョクが言った。

 
「あ、危なくないワナか?獲物は手傷を負った状態が、最も興奮していて危険ワナよ。」トラプはリョクを心配して言った。

 

 

「うん、でも大丈夫だよ。この前、兄の狩猟の仕方を見たときに、兄の狩猟の動きをずっと見て学んだからね。もちろん僕には、あんな動きは出来ないと思うし、その攻撃で仕留められるかどうか分からないけど、この作戦を言い出したのは他でもない僕だからね。それに僕は、逃げ回っていたとはいえ獲物との直接戦闘を経験しているからね。大丈夫さ!」リョクはこの中で唯一の経験者として答えた。

 

 

リョクは、まるで自分にも言い聞かせるように、少し強気で発言した。

そして、持ってきていた大きな荷物を広げて、話を続けた。

 

 

 

「さっきも言ったように、その攻撃で仕留めれる事が一番なんだけど、もし仕留めきれなかった時の事を考えて、コレを持って来たんだよ。」
リョクが広げたものは、大きな網であった。

 

 
「実は、僕一人ではこの網を広げて獲物を捕獲する事は出来ない。なんせ重いからね。そこで、僕が獲物に攻撃を加えた後に、二人でこの網を広げて獲物を捕縛してほしいんだ。仕留めきれてないとしても、網で捕縛された獲物はやがて体力がなくなって力尽きると思うよ。」リョクは2人に大丈夫だ、と安心させるように言った。

 

 

作戦は決まった。

後は実践するのみである。

 

 

3人は同じタイミングで、「ブルっ」っと武者震いすると、これから始まる初めてのブショでの狩りにワクワクしながら、それぞれの行動に移った。

 

 

※次回に続きます。ご意見ご感想は記事の一番下のフォームよりお願いします。

 


無料メールマガジン


登録して頂けると、無料レポートや限定公開の講義動画等が配信されます。

各種ご相談も受け付けております。

無料メルマガ&限定公開の講義動画



  *


  *


  *



 

 


ランキング協力のお願い


ブログランキングに参加しています。よかったらポチッと

応援よろしくお願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


ビジネス・業界ランキングへ

 

[contact-form-7 404 "Not Found"]

 

よく読まれている記事

-シンプルに生きる
-, , , , ,

© 2020 シンプルプランSPブログ Powered by AFFINGER5