二元論に学ぶ!生きる意味

 
  もし、記事の内容が「良いな~」って感じたらFacebookでシェアしてくれると嬉しいです(*^_^*)  

さらに、さらに 未来へ引き継ぐ学校の公式LINE@に登録しておくと・・・ 何か届いたりしますw ぜひぜひ (・∀・)  
 
友だち追加  

PCやタブレットでアプリ未インストールの人は コチラからID検索してね @ltc3475f

   

僕らは何の為に生きているのだろう?

自分が生きている意味って何だろう??

 

40歳を超え、棺桶に片足を突っ込む年齢になって、自分の死生観とか人生の意味とかを、よく考えるようになりました。

 

記事にはしましたが、答えは無いのかもしれませんし、一人一人に答えがあるのかもしれません。

私自身も、答えは未だ出ていないのが正直なところです。

 

それでも最後までお付き合い頂けたら幸いです。

 

 


二元論と生きる意味

二元論(にげんろん)とは、世界や事物の根本的な原理として、それらは背反する二つの原理や基本的要素から構成される、または二つからなる区分に分けられるとする概念のこと。

と、Wikipediaに書いてあるように、この世の原理として構成されているものや、概念のことで、例えば前回に記事にした「善悪」もそうですし、「高低」や「熱い・寒い」なんかも同義として考える事が出来ます。

 

かなり以前に書いた記事の中で、NARUTOのマダラの言葉を引用し紹介したのも、同じ意味として考える事が出来ます。

madara

「一つの神が安定を求め陰と陽に分離した。相反する二つは作用しあい森羅万象を得る」(森羅万象とは、この世の全て)

 

 

私は、この二元論は非常に理解できるというか、腑に落ちていまして

「この世にある形容詞は、全て相対比較があるからこそ言葉として成り立つのだなぁ」

と思っています。

 

つまり、「高い」という言葉は「低い」ものの比較として成り立ちますし、「美味しい」や「面白い」も、「不味い」や「つまらない」があるから成り立つ表現だと思います。

 

ここで言いたい事は、

「この世の全ての事柄は、相反する二面性を持っている」

という事です。

 

またまた恐縮ですが、かなり以前の記事で「対消滅と対生成」で紹介した事と同じです。

 

 

で、あるならば!!!

「生きる意味」があるのだとしたら、「死ぬ意味」もある事になります。

 

 

何回考えても、生きる意味が分からなかった私は、考え方を変えて「それならば」と死ぬ意味を考える事で、生きる意味を知ろうと考えました。

 

 

 


人生のゴールとは!?

life2

 

生きる意味を考える上で、「死ぬ意味」を見つける事が出来れば、逆説的に生きる意味も分かるのではないか?と考えた私でしたが…。

 

「死ぬ意味も、さっぱりワカラン!!!」

 

という結果に至りました。

 

 

もしも、死ぬ事が人生のゴールなのだとしたら、生まれた瞬間に死ねば良いワケです。

むしろ、生まれてこなきゃ良いワケですよ。

 

 

でも、そう考えてみても…

何か違う

という想いしか浮かんできません。

 

 

死ぬ事が人生のゴールでは無いとしたら・・・

いったい、人生のゴールとは何なのでしょうか。。。

 

 

ココまで読んでみて

「あぁ~…コイツ、そうとう頭がイってるわぁ」

と思った方!

 

当方、自分で理解しておりますw

せっかくココまで読んだのだから、もう少しだけお付き合い頂けると嬉しいです。

 

 

 


生きる意味とは

life3

生きる意味、死ぬ意味、人生のゴール…

結局、かなり頑張って何年も考えましたが、答えは見つかりませんでした。

 

 

「結果が出ないのは、やり方が間違っている」

「やり方が合っているにも関わらず、結果が出ないのは前提が間違っている」

 

私は技術コンサルタントですので、この2つのキーワードには注意して仕事をしています。

 

生きる意味や死ぬ意味、人生のゴールを考えて、色々調べて、あらゆる介錯を総合的に考えてみた結果…

『もしかしたら生きる事にも死ぬ事にも意味は無いのかもしれない』

という考えに至りました。

 

誰かが言いました。

「人生は死ぬまでの暇つぶしである」と。

 

誰かが言いました。

「人生は魂の修行の場である」と。

 

 

これは本当に色々と調べてみて分かった事ですが、ビックリするほど「人生とは…」というキーワードに関する、それぞれの「介錯」が見つかるのです。

あまりにも答えが多すぎて、答えだけ見ると、一体何を調べていたのか分からなくなるほどです。

 

 

私は、本当にヤバい事や、本当に悪い事、逆に本当に良いこと等は、直感的に人間に備わっていると思っています。

ほら、何となくですが、気分が良いとか気分が乗らないとか、誰でも有るじゃないですか。

 

 

ある研究者の話ですが、人間の表情というのは万国共通で、どの人種も、どんな生活をしている人でも、楽しければ笑うし、悲しければ泣くそうです。

当たり前ですか…ね。

でも、ジャングルの奥地に暮らしている、原始的な生活をしている人々でも、人間の作り笑いは見抜けるそうです。

 

 

さっきまでの話しとは直接的には関係ありませんが、そうした第6感的な「何か」は、誰もが備えている人間の能力だと思います。

 

話しを戻します。

有史以来、これほど多くの人が考え、それぞれの答えを出しているであろう

「生きる意味とは?」

「人生の意味とは?」

という問いですが、頭の優れた人達や徳の高い人達が、長い年月をかけて考えたにもかかわらず、コレだ!という直感にも響かない回答しかないという事は、、、

 

やっぱり答えなんてない!

 

というのが答えなのかもしれません。

 

 

いつか答えが(無いも含めて)見つかる事を想いながら、このテーマを(たまには)考えていきたいと思います。

貴方は、このテーマについて、どう思いますか?

 

 

 


無料メールマガジン


登録して頂けると、無料レポートや限定公開の講義動画等が配信されます。

各種ご相談も受け付けております。

無料メルマガ&限定公開の講義動画



  *


  *


  *



 

 


ランキング協力のお願い


ブログランキングに参加しています。よかったらポチッと

応援よろしくお願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


ビジネス・業界ランキングへ

 

 

 
  もし、記事の内容が「良いな~」って感じたらFacebookでシェアしてくれると嬉しいです(*^_^*)  

さらに、さらに 未来へ引き継ぐ学校の公式LINE@に登録しておくと・・・ 何か届いたりしますw ぜひぜひ (・∀・)  
 
友だち追加  

PCやタブレットでアプリ未インストールの人は コチラからID検索してね @ltc3475f  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.